カテゴリ:未分類( 12 )

命懸けで逃げよう

4月5日、歌手の加川良さんが急性白血病でお亡くなりになった。


いつからからか知らないが父がずっと追いかけていた人。私が生まれる前から今に至るまで何十年とファンをしていた。小さい頃から家や車の中で加川さんの曲が当たり前にかかっていた。母が食器を洗う音や家族の会話の声と同じように、日常の生活音だった。聴けばああ、この曲だと大体は分かる。しかし私は加川さんについてほとんど知らないし歌詞もちゃんと読んだことがない。フォークシンガーで、高田渡さんと同系列の人、というくらいの認識しかなかった。わけあって小学校高学年くらいから父が嫌いだったので父が好きなものも全部嫌いだった。音楽も。


ライブに出かけては毎回色紙に歌詞やサインを書いてもらい、毎回ツーショットを撮って帰って来た。孫が生まれれば孫の名前を色紙に書いてもらっていた。それらは雑多なもので溢れた父の部屋で大事そうに飾られていた。それだけならまだ分かるが、父は加川さんが好きすぎるあまり、いい歳をして髪型や筆跡まで真似ていた。母によると昔かららしい。そもそも容姿端麗な加川さんとは顔立ちがまるで違うし、大きな顔にその髪型は似合わないと家族から批判を浴び続けても何十年その髪型でいた。ライブの物販で買ったいわゆる「オタT」が一張羅だった。家族で出かける時や友達が家に遊びに来る時もそれを着ていたので恥ずかしかった。高校生の時、私が流行に乗って買ってはいいが飽きて放置していたカバンを父が欲しいと言ったのであげたらライブに持って行き、「○○さん、いいカバン持ってるねって褒められた」と意気揚々と帰ってきた。ライブ後はファンの仲間と呑んで夜中まで帰って来なかった。

何もかも理解できなかった。父が喜ぶ姿を観れば見るほど呆れた。



私は出産後、大森靖子さんのライブに行くようになった。なぜもっと早く存在に気が付かなかったのか悔やむほど大森さんが好きだ。自分が置かれた状況的に全部は無理だができる限り大森さんが歌う姿を観たい、追いかけたいと思っている。その理由として大森さんの音楽が好きなのはもちろん、大森さんとほぼ同世代であるというのも大きい。ある知り合いが「小説でも音楽でも好きな人がいたとして、それが過去の人でもいいけれど、今生きていて、しかも自分と同世代だったらこれほど面白いことはない。その人と人生が進んでいく。」と語っていた。山口百恵さんが好きだし、他にも好きな人はいるけれど同世代ではない。つい外側というか遠くから観てしまう。

大森さんとは歩んできた人生は互いに違うかもしれないが同じ時代に生きた。歌詞やMCで感覚的に分かる!と共感することが多いのも世代的なものが多少はあると思う。これは偶然だが息子が一人いるという境遇も似ている。数々の分かる!が重なり、水彩画のぼかしのように自分の色が大森さんのピンク色に溶け込む。大森さんを恐れ多いと思いつつも、ファンとの距離が近いことを喜んでいる。身に着けているものを褒められたら嬉しいし、DMするし、ラジオには交換日記のように何でも投稿してしまう。だからなのか、大森さんが売れてほしい、もっと多くの人に知られてほしいといつも思っているはずなのに、心の奥で仲良かったクラスの友達に置いていかれたような卑屈さが蟠っているのに気付く時がある。


これって父も同じではないか。加川さんと父はほぼ同世代である。父は髪型や筆跡を真似て加川さんになり、溶け込みたかったのかもしれない。父のことは今も好きではないが以前のように憎悪対象ではなくなった。


大森さんのライブに行くようになった今なら少しは理解できるかもしれない、と実家に帰省した時に父が最近もライブに行っているのか母に聞いたら加川さんが白血病で闘病中だと知った。遣る瀬ない気持ちになった。そして病状はどうなのかな、次はいつライブされるのかなと思ってググった日、前日にお亡くなりになったというニュースを見つけた。間に合わなかった。


ドラマ「カルテット」ですずめちゃんが「音楽は戻らないよ、前に進むだけだよ」と言っていた。私は加川さんの音楽をちゃんと聴いたこともなければライブに行ったもなく、父を理由に拒み続け、亡くなった後初めてYoutubeでライブ動画を観た。なんて皮肉な。女性卑下や政治思想的な曲もあり、全てに共感できるわけではないが、「教訓I」という曲の「青くなって尻込みなさい 逃げなさい隠れなさい」という歌詞に大森さんに共通する何かを感じた。でももう歌う姿を観ることはできない。何にせよ、亡くなってからYoutubeの再生回数を伸ばしているような自分が嫌だ。


偉い人でも誰でも人間である限りいつか死を迎える。明日死ぬかもしれないし、高齢まで生きて死ぬかもしれない。大森さんが実験室で若くして亡くなったある方の話になった時、「私は死んだと思ってない。大切な人が死んだ時にそれで終わりにするのでなく、その人が自分の中で生きることで活動につながる」というようなことをおっしゃっていたのが忘れられない。死んでしまったらその人の人生も音楽も先へは進まないが自分の中で駒を進めることはできる。そして自分が死んだ時、誰かの人生に寄生する。それが繰り返される。

何が言いたいか分からなくなってきたが、私は息子に呆れられても自分が好きなものを死ぬまで貫こう。










[PR]
by fukadaumiko | 2017-04-07 12:40 | Comments(0)

ずっと前に閉店したのに取り壊されない駅前の喫茶店

半年以上、放置していた。
その間に色んなことがあった(小学生みたいな表現)。

重大ニュースはやはり2016年11月19日の道重さゆみさん再生のお知らせだと思う。
来春活動再開されるということで、モーニング娘。という肩書のない道重さんを拝見するのが楽しみな一方でドキドキが止まらない。
道重さんは本当にすごい人だからこういう人ですと私には言えない。


何が言いたかったかというと、道重さんにブログの面白さを再確認させられたので閉店したのに取り壊されないままずっとある喫茶店みたいになっていたこのブログを頑張って更新してみようと思うに至った、ということを言いたかった。

実験的に今日から毎日更新してみる。短くても何か書いてみようと思う。果たしていつまでできるか。
[PR]
by fukadaumiko | 2016-12-16 03:38 | Comments(0)

踏んでしまったご飯粒


一日があっという間に過ぎる。
朝起きて授乳、洗濯して授乳、スーパーに行って帰って来て抱っこして昼寝、起きたら授乳、晩ご飯の準備して授乳、そしていつの間にか外は真っ暗になっている。

最近は何やらよく分からない言葉で熱心に話しかけてくるし、どこにいてもそのキラキラの目で見つめてくる。
洗面所とか、まさかと思う程遠くにいてもドアの隙間からこっちを見ている顔が見える。
立ちながらむしゃむしゃおやつを食べているのもしっかり見られている。
目が合ってこちらが顔や手を動かすと、離れたところからにーっと笑ったりする。
嗚呼なんて可愛いんだ。

いつからだろう、おでこの周辺から決して良い匂いとは言えない不思議な香りがする。
その匂いをくんくん嗅ぐのが好きだ。
たまらなくなってすりすりするけど気持ち悪くてこんな姿誰にも見せられない。

毎日、事ある事に写真を撮りまくっているのでiPhoneのカメラロールが大変な枚数になっている。

自分が子どもに対してこんな感情を抱くとはまさか。
もっとこう、クールというかさらっとした気持ちを持つものかと思っていたが、落としたご飯粒を踏んでしまったみたいにべちゃっとしている。


いつか反抗期が来て恋人ができて結婚するだろう。
ワイシャツの首を汚して毎日働くのだろう。

このキラキラの目の子がそうなるなんて全然想像できないけどその時には今とは違う気持ちを抱いているだろう。
だから今はまだ、踏んでしまったご飯粒的愛情を持たせて欲しい。


[PR]
by fukadaumiko | 2015-03-09 21:39 | Comments(2)

紙の月と冬の星

『本の雑誌』今年のベストテンを読むともう暮れだと毎年思う。一位と二位が私のベストと同じだったから驚いた。といっても順位はさほど重要ではないのだが。
角田光代の『紙の月』は恐ろしい小説。銀行員である主人公が顧客の家を訪問して金を盗む場面なんかありありと脳裏に焼きついて今年中離れなかった。卯月さんもそうだけど読み終えた時、力を吸い取られ運動後のような疲労感を覚える作品がなんだかんだ言いつつも私は好きなのだと思う。


今日はよく晴れていたのか、星がきれいに見えた。冬の星座は好きだ。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-12-12 00:30 | Comments(0)

準備体操

今年もあと一月。
毎年思うのは、私にとっての師走は中年の小さい先生が大勢私の周りで走り回っている感じ。
だんだんと忙しさがやってきたような気がして、聞いてみると先生達は今、準備体操をしているそう。
ストレッチなどしているが、もう先に走って行った仲間もいたらしい。
今はまだ暇そうで無駄話などしながら屈伸をしていたので何の話をしているのかと耳をそばだてると昨日飲み過ぎて二日酔いだとか何とか言っている。
そんな余裕をかましていられるのも今のうちだと思うけど。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-12-05 01:28 | Comments(0)

いちごショート


年の程、二十歳少し手前くらいの少年がひとりで、駅ビルの椅子に座って一心不乱にいちごショートを食べていた。

椅子に座っておにぎりやパンを食べている少年はよく見かける。どうしてケーキなのか、またどうして沢山ある中からいちごショートを選んだのか、そもそもなぜ自宅で食べないのか考えたら気になって仕方がなく、もしかすると少年の家ではいちごショートは禁止されていて、いちごショートが大好物である彼はこうしてこっそり帰宅途中に食べているのかもしれない。密告者に見つかると大変だからあんなにせかせかしていたのかもしれない。

本当のところはわからないがとにかく彼はとても魅力的だった。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-12-04 00:22 | Comments(0)

遭遇

いつからかは覚えていないが無類の猫好きで猫を見つけると時に小走りで駆け寄ってしまう。

ある日、猫を見つけて駆けていくと果たしてそれは茶色いごみ袋であった。可笑しいような恥ずかしいような悲しいような不思議な気持ちになった。

また別の日、その日は風が吹き荒れていてた。
とそこに、駅前を徘徊する毛むくじゃらの塊が。今度はどう見てもごみ袋ではなく生き物に違いないという強い核心を持って近付く。近づいてもそれが何なのかよくわからない。恐る恐る接近するとそれが何かの植物の折れたものが埃を巻き込んでいたのだとわかる。私の後ろを歩いていたおばさんもとてもびっくりしていた。二人でびっくりしていたが二人以外誰も見向きもしていない。私とおばさんにしか見えない生物だったのかもしれない。

今日、仕事からの帰り道をとぼとぼ歩いていると何やら黒い塊と白い塊が道路脇に落ちている。
むむむ、今度こそ騙されてたまるものか、私の目はもう今となっては嘘を見分けられるようになったのだと近づくと果たしてそこには一点を見つめて微動だにしない犬が二匹。きっと飼い主を待っていたのであろう。犬の顔を覗き込んで作りものでないか確認したが、二匹は私には一向に構わず飼い主の来るであろう方角をただじっと見つめているばかりであった。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-12-04 00:11 | Comments(0)

Le voyage dans la lune

ジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』が8月25日から、渋谷のイメージフォーラムで公開されるらしい。

メリエス自身による手塗りフィルムが発見されたのを機に、20年の修復期間を得て完成された着色版、とのこと!音楽はちょっとどうかなと思うけど着色は是非観てみたい。
これは行かなきゃなあ。




[PR]
by fukadaumiko | 2012-07-24 20:39 | Comments(0)

one・two・three





50枚目。もう誰もわかってくれないのでこっそり応援することにする。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-06-11 23:30 | Comments(0)

扉のむこうの甘美な世界

朝の中央線は混んでいて文庫本を開くことすらできないのには毎朝の事ながらうんざりするがこればかりは仕方がないので残された行為、観察に徹する他ない。どこかの駅で扉が開いた時目に入ったのは、ホームで待ち合わせしている何人かのおじいさん。やあやあと片手を挙げて互いに歩み寄るその楽しげな、遠足前の小学生のような空気がとてもとても緩やかで羨ましく、ああそれに比べて私は一体何をしているのか、なぜに大混雑の電車に乗っているのか突如わからなくなり片手を挙げ、やあやあと下車してしまいそうになる。
おじいさん達はそれこそ小学生のようにきゃっきゃとはしゃぎ背中をぽんぽん叩きあったりしている。服装からして今から山にでも登るのだろうか、いや待てよ、そうえいば街でよく見かけるおじいさんはよく、メッシュのポケットがたくさんついたような機能的なベスト(おそらく内側にも無数のポケット)やら汗や雨に強そうなナイロン製のジャンパーやら、アウトドアといえばそうとも言えるファッションをしていることがあることを思い出す。必要以上の機能性を兼ね備えた服をタウンユースする、そういう彼らがたまらなく愛おしく引き続き羨望の眼差しを向ける。案外近所の喫茶店に行くだけかもしれないがホームで待ち合わせをしているということはやっぱり遠出か、ということは山へ遠足なのか。うむむ、と考えているとグループの一人がとんでもなくおしゃれなのに気付く。

他は皆先述したようなアウトドアな格好なのに対し、そのおしゃれおじいさんは今から表参道か代官山辺りに買い物にでも行きそうな格好だった。ビビットな青のおそらくスウェード地の靴はラバーソウルでラバー部分は茶色。その茶色が斜め掛けにした革の鞄の茶色と絶妙にリンクしている。おおおお、と心の中で叫び、穴があくほど見てしまった。靴と鞄ばかり見ていたので服とか顔はほとんど記憶にない。ただ、その人が極めて陽気に仲間たちに笑いかけ、笑いかけられていたことだけは映画のワンシーンのように覚えている。

けれど次の瞬間、目の前の扉は妄想にふけっている私からその甘美な世界をぷつりと切り離し、彼らはどんどん遠ざかっていく、実際には私が遠ざかっていく、そんなある一日の始まり。まあ悪くはない。
[PR]
by fukadaumiko | 2012-06-09 01:16 | Comments(0)


思ったことの走り書きや見聞きしたものの記録


by fukadaumiko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

旅行
思いつき
できごと
夢日記
映画
日常
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 09月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

その他のジャンル

最新の記事

命懸けで逃げよう
at 2017-04-07 12:40
京都旅行記(いつの日か見る記録)
at 2017-04-06 03:48
きもちわるいものはきもちいい
at 2017-03-28 12:33
あ、アナログシンコペーション..
at 2017-03-22 23:14
みずしまれおにまつわる妄想録
at 2017-02-26 15:39

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧